関塾ひらく「インタビュー」 各界で活躍する著名人に教育や経営をテーマとしたお話を伺いました。
株式会社 吉寿社 相談役 神吉 武司 氏
Vol.154 会社の繁栄は “感謝”の思いと“社員の幸福”から
 

1965(昭和39)年に大阪で創業した菓子の卸、流通商社「よしや」。日本初のお菓子のフランチャイズを考案し、関西一円に展開。
創業以来50年近く黒字を維持し、業界トップを走り続けてきた経営ノウハウとは?
「社員の幸福」を追求した大胆な経営手法で知られる創業者、神吉武司氏にお話をうかがいました。

産経新聞社 専務取締役 大阪代表 齋藤 勉氏
Vol.153 横浜の発展につながる“社会的な意義”があるビジネスを
 

株式会社ディー・エヌ・エーが球団買収をしてから5年。当初は赤字球団だった横浜DeNAベイスターズは、2016年に黒字化を達成しました。初代社長として舵取りを担い、経営を好転させたのが池田さんです。黒字化に向けて奔走してきた裏には「横浜の発展に貢献したい」という強い思いがありました。

産経新聞社 専務取締役 大阪代表 齋藤 勉氏
Vol.152 ぶれない座標軸を胸に 大局的に世界をとらえる視点を
 

ソ連共産党、独裁を放棄へ---。 世界に先駆けて歴史的スクープに成功し、時代の転換期を目の当たりにした齋藤勉氏。記者として何を見つめ、何を得たのか。 今年は、ソ連崩壊からちょうど 25 年。モスクワでの燃えるような日々、そして新聞の未来についても語っていただきました

株式会社幻冬舎 代表取締役社長 見城 徹氏
Vol.151 常に困難な道を選び 七転八倒の先に圧倒的結果を得る
 

角川書店の凄腕編集者としてヒット作を生み出し、幻冬舎創業後は経営者として常識にとらわれない、無謀ともいえる 数々の挑戦で出版界に風穴を開けてきた見城徹氏。不可能を可能にしてきた圧倒的努力?の正体とは?


大阪市立天王寺動物園 園長 牧 慎一郎氏
Vol.150 長期的視点を持ち持続可能な組織づくりを追求する
 

旧科学技術庁、文部科学省のエリート官僚から、公募で任期3年の天王寺動物園長(兼 動物園改革担当部長)へと転身した牧慎一郎園長。
実はTVチャンピオン(テレビ東京系列)「全国動物園王選手権」で優勝するほどの“動物園マニア”。
キャリアを捨て、満を持して飛び込んだ動物園経営の道にかける、熱い思いを伺いました。


中央タクシー 代表取締役会長 宇都宮 恒久氏
Vol.149 “球道即人道”グラウンドは人間社会の縮図
 

PL学園野球部の監督として、甲子園で春夏通算6度の優勝へと導き、通算成績58勝10敗という記録を打ち出した名将・中村順司監督。清原和博、桑田真澄のKKコンビをはじめ、立浪和義、松井稼頭央ら数々の名選手を送りだしてきた、中村監督の野球にかける思い、指導者としての哲学とは?

中央タクシー 代表取締役会長 宇都宮 恒久氏
Vol.148 絆や仲間意識が社風を醸成し社風が人を育てる
 

職場で怒号が飛び交う、まさに荒くれ者のたまり場だったタクシー業界で、「お客様主義」を掲げ創業して40年。 悪しき慣習を打ち破ろうと“業界の常識”と戦い、批判を浴びながらも、ドアサービスや自己紹介、未経験者雇用やノルマ撤廃などを実行し、 ついに県下トップのタクシー会社に育て上げた宇都宮恒久さん。逆風のなかで「先義後利」の理念を貫く経営者の信念とは。

いすみ鉄道株式会社 代表取締役社長
鳥塚 亮 氏
Vol.147 汚いことは悪いものを引き寄せ、 きれいなことは良いものを近づける
 

カー用品チェーン「イエローハット」の創業者で、NPO法人「日本を美しくする会」の相談役を務めている鍵山秀三郎さん。
掃除を通して快適な地域社会の環境づくり、美しい国づくりの実現を目指す鍵山さんの経営哲学や教育にかける思いを伺いました。


いすみ鉄道株式会社 代表取締役社長
鳥塚 亮 氏
Vol.146 社員・地域が誇るローカル線を目指して “ブランド化”に挑む
 

外資系航空会社の部長職から転身、廃線の危機に瀕した第三セクター鉄道の社長に、公募で就任した鳥塚亮社長。
筋金入りの鉄道ファンならではの夢と遊び心あふれるアイデアで、会社再生・地域活性化に邁進する鳥塚社長にお話を伺いました。


JR東日本テクノハートTESSEI おもてなし創造部 顧問 矢部 輝夫
Vol.145 ビジョンを示し、現場を生かすそして最後までやり遂げる
 

新幹線や駅構内の清掃を行うJR東日本テクノハートTESSEI(以下、テッセイ)。折り返し停車のわずか7分間で新幹線の車内清掃を行うプロ集団です。
その姿は「新幹線劇場」と称され、米CNNも「7 minutes miracle」と賞賛。現在では、ハーバードビジネススクールの必修科目としても取り上げられています。
いかにしてスタッフが生き生きと働く組織を作り上げられたのか。
組織のマネジメントを担った、おもてなし創造部顧問の矢部輝夫さんにお聞きました。

読む

株式会社 プランテックアソシエイツ 代表取締役会長兼社長/建築家 大江 匡氏
Vol.144 イノベーションは誰にでもすぐに起こせる
 

建築家として数々の賞を受賞し、業界の注目を集めてきた大江匡氏。
独立後、プランテック総合計画事務所を創立してから30年あまり、常に革新的な戦略で7社からなるグループに成長させ、
経営者としても手腕を発揮する大江氏に、建築家・経営者としての哲学やその原点を伺いました。

近畿大学 経営学部 経営学科 教授 藤井 純一氏
Vol.143 明確なビジョンを掲げ地域の“必要材”となること
 

セレッソ大阪と日本ハムファイターズの社長を務め、黒字転換・地域密着型のチームづくりを実現した藤井純一氏。
競技の枠を越え、異なる地域でミッションを成し遂げた、ビジョンに基づく“ブレない”組織づくりと徹底した「ファンサービス・ファースト」の精神について伺いました。

株式会社武蔵野 代表取締役社長 小山昇氏
Vol.142 互いを知り価値観を共有してこそ、組織は強くなる
 

ダスキンの代理店などを基盤に事業展開する株式会社武蔵野。
赤字と“ダメ社員”を抱えていた会社を優良企業へと導いたカリスマ社長として名を馳せる小山昇社長。年間240回以上のセミナーや研修をこなす傍ら、年間50回以上になる社員との酒宴も欠かさないという。コミュニケーションの達人が持つ、常識にとらわれない経営哲学について伺いました。

 株式会社PHP研究所 代表取締役社長 清水 卓智氏
Vol.141 100の情熱が100の知恵を生み出す
 

“経営の神様”として今も多くの尊敬を集める、パナソニック株式会社の創業者・松下幸之助氏。
幸之助氏が「人類によりよき未来を」という願いのもとに創設したのがPHP研究所でした。
自らも創業者のもとで新入社員時代を過ごし、情熱と思いを受け継ぎながらも、独自の経営を実践する清水卓智社長にお話を伺いました。

加賀屋 女将 小田 真弓氏
Vol.140 "正確に"お客様のお役に立ち感激と満足感を引き出す
 

石川県・能登半島に、明治39年の創業から100余年の時を刻む老舗旅館「加賀屋」。
1981年に「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で初めて総合1位となって以来、33年間連続でトップに輝き続けています。
150人近い客室係を擁しながら、隅々まで行き届いたおもてなしを実現する“加賀屋の心”とはどのように守り育てられてきたのか。
三代目女将・小田真弓さんにお話をお聞きしました。

Leadership Consulting Inc. 代表 岩田 松雄氏
Vol.139 "ミッション"を掲げリスクを恐れず挑戦を続ける
 

日産自動車からアメリカ留学を経てコンサルタントへ転身。
その後アトラス、ザ・ボディショップ、スターバックスと3社の社長を務め、いずれも大幅な業績回復を成し遂げた岩田松雄氏。
自らカリスマリーダーではないと断言する岩田氏に、社会や企業がいま本当に求める理想のリーダーとは何かを伺いました。

未来工業株式会社 取締役相談役 山田昭男氏
Vol.138 社員のやる気を引き出し差別化を徹底する
 

岐阜県にある電気設備資材製造会社、未来工業。
ホウレンソウ禁止・年間休日日数140日など、ユニークで大胆な制度が話題を呼んでいます。1965年の創業以来赤字なし、年間売上200億円を達成している同社において、社員のやる気を引き出し業績を上げ続ける秘密とは? 
型破りな経営ポリシーを貫く創業者・山田昭男相談役にお話を伺いました。

ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長 出口 治明氏
Vol.137 確かなビジョンを描き100年続く会社を目指す
 

60歳で戦後初の独立系生保、ライフネット生命を立ち上げた出口氏。
保険料半額、約款公開、保険料の内訳開示など、これまでの生命保険業界の常識を覆す取り組みが注目されています。 同社の成長の鍵を握る揺るぎない経営理念やビジョン、それを支える独自の哲学について伺いました。

インテグラル株式会社 パートナー 辺見芳弘氏
Vol.136 自ら選んだ目標に向かい努力を続ける“動機”を追求
 

商社からコンサルタントを経て企業経営へ。 さまざまな経営領域でキャリア転身しながら、アディダスジャパンの設立や東ハトの再生など、数々の成果を挙げてきた辺見氏。
転換期に発揮されてきた人生哲学や根底にある子ども時代の渡米経験などをうかがいました。

スーパーホテル会長 山本梁介氏
Vol.135 感性、人間力が磨かれてこそ「感動」のサービスが生まれる
 

関西を中心に104店舗を展開するスーパーホテル。従来の常識にとらわれず、「感動」を与えるホテル作りに情熱を注ぐ山本梁介会長に、ホテル経営や人材育成への考え方、次なる目標についてうかがいました。

アサヒビール株式会社名誉顧問 中條高コ氏
Vol.134 日本人よ、その美質を今こそ見直すべき
 

「滅びゆく平家のよう」と揶揄されるほど凋落していた組織で、“生ビール路線”を打ち出し見事に再生を遂げたアサヒビール。強豪キリンビールが勢力を伸ばす中、いかにして小は大に勝利することができたのでしょうか。また、今を生きる世代が忘れてはならない日本人の美質とは。アサヒビール再生の道を開いた知将・中條高コ氏にうかがいました。

アイリスオーヤマ株式会社代表取締役社長 大山健太郎氏
Vol.133 勉強は、夢や志を達成するためにある
 

生活用品の開発、製造、販売を行うアイリスオーヤマ株式会社の大山健太郎社長は、19歳で経営に就いて以来、常に「ユーザー目線」で発想し、ビジネスを展開してきました。社員の教育では、人柄と意欲を重視するという大山社長。その考え方について、東日本大震災のエピソードとともに語っていただきました。

セント レジス ホテル 大阪 総支配人 石原哲也氏
Vol.132 お客様に喜んでいただくために常に考えて行動する
 

最高級のサービスを提供する「セント レジス」ブランド。 その日本進出として注目を集めるセント レジス ホテル大阪の総支配人に石原哲也氏は着任されました。 石原氏の考えるサービスと従業員教育の秘けつについてお話をうかがいました。

株式会社国際危機管理機構 代表取締役社長 金重凱之氏
Vol.131 安心・安全の提供が企業の責任になる時代
 

警察庁キャリアとして活躍し、外務省、防衛庁(現防衛省)勤務や内閣総理大臣秘書官をはじめ、国内外のさまざまな危機管理の経験を積んできた金重氏。日米文化の違いや「東日本大震災」後の企業の震災対策について、お話をいただきました。

佐倉アスリート倶楽部 代表取締役 兼 監督 小出 義雄氏
Vol.130 “かけっこ”が好き その思いが夢の実現に導く
 

2000年、オリンピックの女子マラソンで日本初の金メダリストを誕生させた小出義雄監督。
肩の力の抜けた口調や豪快なパフォーマンスが注目されがちですが、選手の指導には深い愛情と洞察力、そして緻密さがうかがえます。
小出流育成法と監督自身のパワーの源についてお話しいただきました。

スポーツプロデューーサー 三屋 裕子氏
Vol.129 コンプレックスを強みに変える人の育て方
 

バレーボール選手として全日本チームで活躍するかたわら、教師になる目標をあきらめず現役引退後に転身、さらに会社経営にも挑戦してきた三屋さん。そのバイタリティーの源は人生の転機でもらった恩師の言葉だったといいます。これまでの歩みを教育者、経営者としての視点から語ってくださいました。


東幸海運株式会社 代表取締役 笹木秀雄氏
Vol.128 相手の目線に立った対応と目標達成への執念が大事
 

23歳という若さで東幸海運株式会社 代表取締役に就任した笹木秀雄さん。 一貫したスタンスから、2代目の重圧に打ち勝った理由が見えてきました。

フリーパレット集客施設研究所主宰 藤村正宏氏
Vol.127 “体験”による“気づき”から人と違う価値を作り出して発信しよう
 

デフレ状況の今、悩める経営者たちに集客のノウハウを伝授する経営コンサルタント 藤村正宏氏。
「モノ」ではなく「体験」を売るというマーケティング論「エクスペリエンス・マーケティング」(エクスマ)を裏付ける生き様や、塾経営にも実践できるノウハウについてお話しいただきました。

初代内閣安全保障室長 佐々淳氏
Vol.126 どう生きるべきか、何をすべきか。子どもたちを導く人生の教育を
 

連合赤軍浅間山荘事件で現場指揮官として手腕を振るうなど、数々の場面で日本の治安維持に貢献してきた佐々淳行さん。その目には現在の教育はどのように映っているのでしょうか。戦前戦後のご体験をもとに教育のあり方を語っていただきました。

脳医学者 吉田たかよし氏
Vol.125 15分集中。の習慣が学習意欲の向上につながる
 

吉田たかよし先生は、脳医学の立場から、どうすれば勉強・教育の効率が高まるのかを研究し、受験生やその父母などにアドバイスを送っていらっしゃいます。 教育に対するお考えを、教室で実践できるノウハウも含めてお話しいただきました。

(株)アオキ 代表取締役 青木豊彦氏
Vol.124 誇りを持つことが原動力 子どもたちには2ランク上のチャレンジを!
 

「東大阪から人工衛星を打ち上げる!」という壮大な計画を立ち上げ、実行させた株式会社アオキ・青木豊彦社長。バイタリティ溢れる青木社長の原動力とはなにか? なぜ人工衛星を打ち上げたのか? そして、ご自身の経験を元に、子どもたちとの接し方をうかがいました。

 (財)出版文化産業振興財団理事長
(財)文字・活字文化推進機構理事長 肥田美代子氏
Vol.123 教育のベースは言語力ことばの輝く国を目指して
 

薬剤師、童話作家、国会議員、財団理事長というキャリアのなかで、長年子どものための取り組みを行ってきた肥田美代子氏に、日本の教育の問題点やこれからの教育のあり方について伺いました。

岡野工業(株)代表社員 岡野雅行氏
Vol.122 経験させて、面白さを教える。楽しむ中で、子どもの力は自然に伸びる。
 

社員5人の会社ながら、細さ0・2ミリの「痛くない注射針」など、他では作れない製品を数多く実現させてきた岡野工業。その技術を引っ張ってきた岡野氏に、経営や教育に対する独自の考えを語っていただきました。

イー・モバイル(株)代表取締役会長兼CEO 千本倖生氏
Vol.121 起業を成功させるコツとクリエイティブ脳のつくり方
 

IT通信の分野で5つもの会社を起業し、いずれも成功に導いたその開拓精神、起業家のDNAとは何か、ベンチャーを成功に導く秘訣は何かをお話いただきました。 また、広い視野からみた日本の教育への提言をご自身の経験と合せてお伺いしました。

(株)ミキハウス社長 木村皓一氏
Vol.120 既成概念にとらわれることなく“他社にできないこと”への飽くなき探求
 

まさにオリンピック・イヤーとなった2008年!子供服のトップブランド「ミキハウス」の社長であり、これまで数多くのトップアスリートの育成に大きく貢献し続けてきたことでも知られる、株式会社ミキハウス社長・木村皓一さんにお話をうかがうことができました。今や、オリンピックや世界選手権をはじめとする国際大会で活躍し、メダル保持者となった柔道家の来歴について綴られる文章の中で、「柔道の名門」と評されることが自然となったミキハウスですが、柔道にしても卓球にしても、木村さんが選手を引き受けはじめた頃は、まだ世間では今よりずっとマイナーなイメージだったのだそう。まさに先見の明あり!並々ならぬ懐の深さを感じさせられます。温厚な笑顔の奥にのぞく、木村さんの、年齢を重ねてなお磨きがかかる柔軟な発想力とパワーの源に迫りました。

ヘルメス・ジャパン(株) 代表取締役 小林真一氏
Vol.119 真のビジネスマンとは?身勝手な官僚制にのまれるな!
 

高度経済成長期に大手企業の商社マンを務めるも、会社の官僚体質にはことごとく反発。その型破りかつひたむきで前向きな姿勢を貫き、独自に商談を次々とまとめ上げ、ヨーロッパに活躍の場を与えられるも、最終的にはスッパリとサラリーマン生活に決別したという小林真一さん。自身で会社を起こされ、現在は、これまでの経験談をもとに自ら創作・出版した処女小説が当たり、さらなる創作意欲にかきたてられる日々です。そのバイタリティあふれる生き様と、人を惹きつけてやまない魅力を探るべく、お話をうかがいました。

(株)一柳アソシエイツ 代表取締役&CEO 一柳良雄氏
Vol.118 大切なのは、いかに生きるか、そしていかに伝えるか
 

高級官僚から天下りという道を歩まず、「輝いて生きたい」という熱い思いから、ベンチャー企業を立ち上げた一柳良雄さん。幾つもの壁にぶつかりながらも、逆境をバネに経営の本質を見出してきた逞しさがあり、その表情には自信がみなぎっています。「どう生きるか」を問い続ける一柳さんが大切にしていること、そしてこれからの世を担う子どもたちが何を学ぶべきか、などを語っていただきました。

v鵲森宮(かささぎもりのみや)/森ノ宮神社/宮司 石崎正明氏
Vol.117 いま、子どもたちに伝えたい、美しい心の在り方
 

荒廃する日本の文化を憂慮する声も少なくない昨今。そんな中、日本文化の良さを再発見し、世界に向けて発信していく活動に積極的に携わる人に出会いました。森之宮神社の宮司を務める、石崎正明氏です。いまや数少ない「日本文化を語れる日本人」とも評される石崎氏に、現代の子どもたちに託したい想いを語っていただきました。


フューチャーアーキテクト株式会社 代表取締役会長CEO 金丸 恭文氏
Vol.116-2 困難に挑戦する不屈の精神
 

世界の動きを察知し、社会におけるITの変革期とともに自らの進化を追求してきたフューチャーアーキテクト株式会社代表取締役会長CEO 金丸恭文氏。自らで行動を起こし困難に立ち向かう、人材の育成についてお伺いしました。


株式会社ニチイ創業者 西端 春枝氏
Vol.116-1 お客様に無償の愛を注ぐ商いの精神
 

株式会社ニチイ(現・株式会社マイカル)の創業者である夫の西端行雄氏とともに商いの道を歩まれた、西端春枝氏にお話を伺いました。著書「縁により縁に生きる」にも綴られる夫婦二人三脚で歩まれた歴史は奥深く、慈愛に満ち溢れるものでした。


財団法人経済産業調査会 理事長  野々内隆氏
Vol.115-2 教育の「育」が不足した社会の中で教育者がやるべきこと
 

通商産業省で31年間ご活躍された野々内氏は、経済産業調査会理事長として、経済産業施策の普及・啓発事業に取り組まれています。経済産業調査会理事長のほかに、あいさつの運動やホスピタリティ協会での活動を積極的に行い、家庭教育や人間関係の重要性を実感しておられます。野々内氏に、教育に対する考え方をお伺いしました。


財団法人日本情報処理開発協会 会長 児玉幸治氏
Vol.115-1 企業のあり方と「楽しむ」教育
 

日本におけるコンピュータの黎明期から、情報産業の振興に携わってこられた財団法人日本情報処理開発協会会長 児玉幸治氏。長年にわたって積み上げられた経験から、企業姿勢のあり方をはじめ、日本の未来を担う子供達にとって、必要な教育とは何かをお伺いしました。


たかの友梨ビューティクリニック 代表 たかの友梨氏
Vol.114-2 何事にも負けず、夢を実現する精神
 

エステティック業界のカリスマとして、ご活躍されているたかの友梨ビューティクリニック代表たかの友梨氏。美を追求し続け、心も体も癒されるエステティックの実現を目指して、新技術の導入、事業拡大などのチャレンジをし続けておられます。そんな自らの経験から学ばれた人生哲学をお伺いしました。


株式会社桜ゴルフ 代表取締役 佐川八重子氏
Vol.114-1 苦難の時代を生き抜く人生哲学
 

弱冠26歳で創業し、当時信用の薄かったゴルフ会員権ビジネスに革命を起こすべく、お客様の立場にたったコンサルティング営業を提唱してこられた株式会社桜ゴルフ代表取締役、佐川八重子氏。37年にわたる経営人生の中で学んでこられた人生哲学をお伺いしました。


株式会社JALUX 特別顧問 横山善太様
Vol.113-2 競争原理社会における教育の課題と進むべき道とは
 

日本航空(JAL)で40年間のご活躍され、JALUX特別顧問であられる横山氏は、東京都学校経営支援センター顧問として、学校教育の改善にも取り組まれています。横山氏に、現在抱える教育の課題とこれからの進むべき道についてお伺いしました。


学校法人産業能率大学 監事 小林末男氏
Vol.113-1 人間を尊重し、これからの社会を見据えた教育の考え方
 

経営管理分野の第一人者として経営管理の理論と実践を研究してこられた小林末男氏。教育者になる決意をされて以来、教育に対して深い愛情と情熱を注いでこられました。小林氏に、ご自身の経験を交えた教育に対する考え方をお伺いしました。


一覧
No.154
No.153
No.152
No.151
No.150
No.149
No.148
No.147
No.146
No.145
No.144
No.143
No.142
No.141
No.140
No.139
No.138
No.137
No.136
No.135
No.134
No.133
No.132
No.131
No.130
No.129
No.128
No.127
No.126
No.125
No.124
No.123
No.122
No.121
No.120
No.119
No.118
No.117
No.116-2
No.116-1
No.115-2
No.115-1
No.114-1
No.113-2
No.113-1
Dr.関塾